Cry Baby Black Wah (ZOOM G11)


空が泣いている、とかリリカルに比喩られる事もありがちな、梅雨が舞い戻った様な長雨ですね。不快さも、不便さも、不自由さも、少々ならば生きていればこそ感じられる幸せを引き立てる辛味スパイスと改めて感じ、高湿度噛みしめる所存。


さて、


過日より色々試し弾きしていた ZOOM G11 のワウペダルですが、概ねジムダンロップクライベイビーの「Black Wah」をベースに考えようと。


Cry Baby Black Wah

Ibanez-WH10(WAH100)の破綻せずちゃんと聞こえる低帯域や、VOXワウモデルの高帯域のロックなニュアンスなども魅力で、その辺はもちろん曲のテイストや欲しい音色に応じて使い分けるのですが、やはりG11搭載のラインナップ中で一番ぽいスタンダードなレゾナンス変化の音域と限界ギリギリのキワドイエグみが絶妙に黒クサい感じで完成度高いモデリング良です。


パラメーター設定画面

基礎スタンバイはこんな感じでコンプレッサーの直後がデフォ。ペダルアウトのVOLはバランスで。間奏だけならブーストアップも兼ねてもよいし。特徴的でエグめなエフェクトだけに、設定や操作もちょっと雑にするとバンドではかなり悪目立ちしてアンサンブル破壊しちゃうので、随時状況でギター側のトーンやボリュームコントロールも加えた方が良いかと。テキトーならぬ適当で。


て、


また色々あれこれ考える事が増えてしまうわけですが、それを許容し対応せざるを得なくなってもなおこのキャラクターが必要なシーンも確かに在り、避けて通れぬ道ならちゃんと一定レベル超えていかねばっていうもはや使命感ね笑。ボリュームペダルやペダルドライブは基本使ってないから当面ワウ常駐スタイルで行きMAX。


直訳は「泣く赤ちゃん」でも意味としては「弱虫」「泣き虫」「意気地なし」あるいは「愚痴りがちな人」「不平不満ばかり言う人」みたいなニュアンスの Cry Baby ですが、逆に高尚なアンチテーゼと前向きに受け取りMAX。そして、今月は良い肉食って夏本番に備え張り切りMAX。


高級肉1

高級肉2

高級アイス


そういえば、


これも過日より試しているインレイステッカーですが、まだちゃんと貼れていてジャガー視認性絶好調です喜。JAGUAR×CryBaby×Marshallのパンチ力ぱねえぞっ。


NACギター

フェンダージャガー×マーシャル

ほらなんかめっちゃ見やすそうじゃない。途中、シール角がぺらって浮いてきてあれなんかもう剥がれてきた?と思ったら、表面の膜カバー?みたいなやつが剥がれただけでした。


ブロックインレイシール

これは剥いていいやつぽいので心配御無用。シールが剥がれた折には耐久性の感想お伝えいたし升ので報告お楽しみに?。ホナマタ。

もうブロックインレイかバインディング有りのギターしか買わないかもしれない@nac_guitar



★その他記事は ギター&機材談話 や音楽的理解を深める ギタリスト音楽論、トップページ左側 メニュー内のカテゴリーラベルやアーカイブ等からどうぞ。ブログ更新はTwitterInstagramでお知らせ。ブログ「いいね」と思っていただけたらメモやブクマ代わりにコチラの共有ボタンが便利です。