JazzmasterとJAGUARの違いと魅力&欠点


最近若いギタリストたちの間でジャズマスター人気が高まっている様子で、かく言うぼくも今年初めて購入致しました(NEWギターが届きました!)。が、

断じて女子に媚びてるとかモテたくて流行り追ってるとかではありません笑。

既存のジャガーでは出し難い音とニュアンスを狙って使い分けるべくの導入で、やはりそれぞれ弾きたくなるフレーズも気持ちよさのテイストも大きく変わります。どちらもフローディングトレモロシステムを搭載したオフセットウエストシェイプのため一見よく似た両機は実は意外なほど別々のキャラクターを持っているのですが、一般的にはその酷似したルックスで混同されがちです。

そこで今回は、フェンダー製のJAGUAR(以降JG)とJazzmaster(以降Jm)の両方を使っている僕なりに、特徴の違いとそれぞれが持つ魅力や欠点を比較し説明してみたいと思います。

フェンダー製のジャズマスターとジャガー

一応機材紹介しておくと、
  • 左←:Fender MEXICO・Jazzmaster/Troy Van Leeuwen MODEL(※ピックガード換装)最近のJmにしては珍しいブロックインレイ&バインディングの高級仕様とドス黒く深い赤色に惚れたムスタングブリッジタイプ。
  • 右→:Fender MEXICO・JAGUAR/Classic Player Special SS Ver(※どノーマル)クラシックと付いてはいるが、T.O.Mブリッジ採用やトレモロブロックの位置とネック仕込み角度を見直し弦張力低下を改善したモダン系モデル。
です。


相違点

まずそれぞれの機種の主な特徴の違いを解説します。一見して判るのは、Jmが一枚の大判ピックガードを装備しているのに対し、JGはコントロールパネル部にメタルプレートを使用したデザインモチーフになっている点ですが、それ以外にも多くの相違点があります。(※ナット幅や指板ラジアスはモデルにより様々ですので論点から除外。また、標準的なスペックのモデルを想定していますので特別仕様タイプなど一部変更されている場合もあります。)


ネックスケールの違い

最も大きな違いはなにをさておきネックスケールの長さです。Jmはソリッドギターでは最も大きなシェアで一般的なロングスケール(25.5インチ・約648ミリ)。対してJGはショートスケール(24インチ・約610ミリ)。約4センチも長さが違います。この弦長の違いにより同じ音程にチューニングした時の弦の張力に差が生じ、音の鳴り方はもちろん、弾き心地も変わります。短い方が弦テンションが緩くなります。写メだと画像歪んでしまって判り難いかもしれませんが苦笑。

ジャガーとジャズマスターのネック差異

ネックの太さ

としては、ロングのJmが太めで、ショートのJGが細めの傾向がありますが、モデル毎に違うので確認が必要でしょう。
ちなみに指板に関しては、

フレット数の違い

もあり、JGは通常22フレットですが、Jmは21フレットまでのトラディショナルなモデルが中心なので、曲のキー等によってはハイポジションの演奏に制限が生じる場合もあるかもしれません。


ローカット回路の有無

プリセット回路という、フロントPUの別個設定をワンタッチで切り替えるスイッチの搭載は両機ともに共通しているのですが、ローカットスイッチという、低音帯域を少し削る特殊な回路はJGにしかありません。厚いバンドサウンドの中でギター音帯域が他の楽器と被って濁ったり埋もれてしまう場面でも、極端に音色や音量を変えることなくわずかにこもる低音を削り音像をよりクリアで鮮明にすることが容易に出来ます。

ジャガーのコントロールパネル部



ラージサイズシングルピックアップ

Jm搭載のピックアップは原則これ一択で、外観はギブソン・レスポール等で有名なP-90によく似ていますが互換性はなく、違う構造と音のラージシングルPU。年代別に幾つか種類がありますが、共通してより太く甘い出音がいかにもジャズマスターらしい音の大きな要因のひとつです。一方JGはストラト等で使用される通常のポールピース付シングルコイルよりも磁界を整え出力も向上させるヨーク(淵のギザギザ)付きシングルPUとハムバッカーPUタイプそれぞれのモデルが存在します。

ジャズマスターのラージシングルPU



似ている様で少し違うシルエットバランス

ぱっと見ね、激似で素人目には同じ印象の両機ですが笑、実はボディのサイズは僅かにJmの方が大きく、逆にヘッドはJGの方が僅かに大きいのです。ラージヘッドというやつです。持った時にJGの方が少しだけコンパクトに見えるのは、よりネックが短くヘッドが大きいこのシルエットバランスの差も影響しているかもしれません。左がJGで、右がJmです。先の円形部分の差が特に大きいかと。


実はボディシェイプ裏側コンター加工具合も少し違い、Jmの方が幅広く削られているので、ボディのフィット感はよりぽっちゃりさん向けと言えるかもしれませんね笑。

Fenderロゴに関して

モチーフモデルの年代等にもよりますが、基本的に、画像左のJGは現代その他のフェンダーギターでも主に使用されている「トランジションロゴ」ですが、右のJmでは伝統的に「スパゲティロゴ」と呼ばれるクラシカルな細いタイプのロゴマークが使用されます。(※Fender News:"スパゲティロゴ"と"トランジションロゴ"



魅力や欠点

というか特徴の差と言い換えるべきかもしれませんが、それぞれの機種の長所や短所を比較分析し考察してみます。


ジャズマスターの魅力

1958年発表。ギブソン社レスポールが独占していたジャズ市場に当てたJmは、フローティングトレモロによる独特の倍音感と滑らかなアーミング、大きなボディと多彩な回路搭載によるボディザグリ(空洞)面積の大きさと深さからくる(かもしれない)セミアコ的ニュアンスもある豊かな生鳴りを含む響きが特徴的で、生音でも判る独特の粒立ちの良い豊かな発音が最大の魅力。Jm専用アレンジのビッグシングルPUの太くて甘いメロウな音も貴重な存在。リアPUで歪ませたジャキジャキのパワフルなサウンドが代名詞のような印象が強いが、ボディ鳴りを活かした美しいクリーントーンや、フロントやセンターミックスでクランチなど薄化粧でこそこの機の真価が発揮されると思う。


ジャガーの魅力

1962年発表。フェンダー社最高機種として発売された後発JGもフローティングトレモロはJmと共通パーツですが、ショートスケールによる低弦張力とピックアップのアレンジで鳴り方はもっとソリッドで鋭い印象。弦テンションの低下は、強いピッキングアタックで僅かに音程が暴れる癖があったり、比較的サステイン(発音の減衰)が短かったりするデメリット面もあるが、弦のゲージアップである程度補えるし、そんなちょっとだけルーズでエッジ―なニュアンスもワイルドロックな味で得難い素敵なキャラクター。他にはない唯一無二のローカットスイッチも絶妙に秀逸で使える。しっかりザクザク歪ませるか、クリーンなら手数多くちゃきちゃき軽快にカッティングを弾きたくなる。


共通の欠点?など

よく問題視されるのが独自構造のフローティングトレモロとブリッジ間の「シャーン・ヒャーン」とかいう共振や共鳴ですが、間にバズストップバーというパーツを無加工(既存ネジ間に挟むだけ)で付けられある程度制振可能。個人的には無くても気にならない、というか弾き心地も変わるし、むしろ無い方が独特の鳴りと味があって嫌いじゃないので好みの問題。

対してブリッジの土台はアーム操作と連動して若干前後に動く仕様が基本で、これが「チューニングが不安定」と仰る方もたまに見受けるが、実感としてはたぶん無関係。ロック式等と比べるとそれはそうなのかもしれないが、ゲージ「10-46」以上の弦を張れば気になるレベルでは全くないので、もし不安定と感じるならサドルやナットの滑りなど何か別の原因があるかと。

また、ヴィンテージ系モデルに搭載されている昔のネジネジサドルのブリッジが、昔の太い弦を前提とした構造のため現代の細くなりテンションが下がった弦では強めのチョーキング等でサドル溝からパチンとズレ落ちるという現象いわゆる「弦落ち」がしばしば問題に。気になる方は「マスタリー」「ムスタング」「チューンオーマチック」など様々な互換交換パーツもあり、最近はそもそも最初からこれらのブリッジが載っているモダンアレンジが施されたモデルも多いので要確認です。
ちなみにぼくが今使っているのはT.O.MかMUSTANGのいずれか。
詳しくは過去の


トレモロアームの長さ

本体の特性とは少し話が逸れますが、たぶんストラト系のアームに馴染んでる方は「アーム長っ!」と思うかもしれません。ぼくもそうです笑。演奏中ぶらんぶらんする長い鉄棒が気になる方もおられるかと。よりボディ後端にあるトレモロユニット故の仕様ですが、この長さが軽い力で滑らかなアーミングを可能にする操作性に一役買っている面があるのも事実。

様々なメーカーの専用アーム

右端がフェンダーメキシコジャズマスター純正ですが、インチサイズのJmタイプは差し込むだけの特殊構造なのでFENDER純正以外選択肢ないかも。左3本がJG用のくるくる回すインチネジタイプ。一番上がフェンダーメキシコジャガー純正で、下2本が社外品のちょっと短いアームです。が、なんてメーカーだったかあまり覚えていません苦笑ごめん。アマゾンとか楽天とか通販で買った中国製だと思う。


もちろんどれもちゃんとはまってしっかり操作可能。気になる方は長さも角度も様々なサードパーティ製アームが多数存在しますので探して試してみるのも良いかもしれません。インチサイズのアームにも数種あり、USAジャガータイプの基本は「3/16インチ」で「4.763ミリ」なので直径約Φ 4.8 mmタイプなら合うと思います。ちなみにフェンダージャパン製の場合は基本パーツ採寸がミリ規格に変りますのでご購入の際はご注意を。


NAC# Loves Fender JAGUAR & Jazzmaster!

いかがでしたでしょうか。「持ってるんだからそりゃあ好きなんだろうよ」って話ですが笑それぞれ一長一短ありますがどちらもホントに個性満点でおススメの良いギターだと思うわけです。ちなみに、フェンダー製に限っての話ですので、他メーカーのJGタイプやJmタイプでは仕様も大きく変わってくる為全くの論外ですのでお含みおきを。近年はジャズマスに比べてジャガーの方が少々不人気のようですが、どちらにも得難い独特の魅力があり正直ぼくは甲乙つけ難いです。まあJmの方が万人受けしてJGの方が比較的扱い難く玄人向けな面はあるかもですが。キャラクターの違いは大いに認めるところなので、弾くフレーズや曲調やバンドの雰囲気などよりテイストにマッチする方をチョイスして使い分けたいのが本音。究極の二択として、生涯弾くギターを1本だけ選べと言われたら…

ジャガーとジャズマスの要素全部入りダブルネック特注するかもしれないですね♪

オフセットシェイプが更に縦にもストレッチされアメーバ的シルエットに進化したNACギターJ&J。

NACギター

大草原不可避のバカウケ爆誕間違いなしW