ギター初心者が始めに買い揃えるべき機材リスト


これからギターを始めたいと思っている未経験者&初心者の方に必要な機材を概ね重要な順にご説明します。

いったい何を買い揃えればいいの?
初心者セットみたいのあるけど過不足ない?

と不安な君はこれを参考に可能な限りおねだりしよう笑。エレキギターを想定していますが、クラシックやアコースティックなど電気信号を出力しない生ギター系は電装系機材を除いたものが適応しますのでご留意を。


初心者向け機材



ギター本体(@ピンキリ)

●VRやエアギターならさておき(笑)当然ですがまず本体です。購入検討時一番悩むところですしあれこれ迷うのも楽しいですよね。楽器の構造的な好みも何も分からない最初のうちはヴィジュアルの格好良さやフィーリングなどインスピレーションで決めてしまって良いと思いますが、通販などでオーダーするにしても最低一度は店頭で同型の実物を触って弾き心地を確認した方が良いでしょう。ネックの握り心地やボディバランスなど、不慣れなうちは実際に抱えて弾いてみないと想像しにくい部分です。また、いわゆる

激安な価格帯の部類

はそもそも正しい音を出す楽器として極めて重要な部分の精度も高くない事が多い上、弾き易さや耐久性にも問題がある場合が多いので、むしろ初心者だからこそ可能な限り最低限粗悪ではない物にして欲しい処です。個人的な意見ですが目安として新品単体プロパー3万円位より安いギターはすぐに他の良機種が欲しくなる可能性が高くあまりおすすめしません。予算的に厳しかったらバーゲンセールなどで探すかそこそこの品の中古品を探す方がずっとマシかと。ちょっとコスト高めになっちゃいますがFenderのOffset系ギターが良い気分なのでぜひご参考に。


アンプ・スピーカー(@ピンキリ)

●本体と繋いで音を出すギター専用アンプ内蔵スピーカーです。エレキは基本的に生音で聞かせる楽器ではないので、サイズも出力も大きくなくてよいのでやはりピックアップで拾った音をぜひ聞きたいところです。「@ピンキリ」と書きましたが家庭用に特化した小型アンプに限って言えば5000円程度からあると思います。オーディオの外部入力等でも直音は出せますが、専用アンプなら「ギターアンプの使い方の基本」でも説明しているようにゲインUPで歪ませたり専用レンジでのイコライジング(音域調整)やリバーブ(残響音)を加えたりと基本的な音作りが可能ですし、大抵ヘッドホン端子もついているので夜間練習でもアンプサウンドを楽しめますよ。


シールド・ケーブル(@1000円程度~)

●本体とアンプを繋ぐ用の太くてでかいジャックのモノラルケーブルです。間にエフェクター等を繋ぐ場合必要本数は増えます。長さも様々あるのですが、長くなればなるほど電気抵抗が増え音質はみるみる劣化しますので必要最低限の長さで。最近は「ワイヤレスシステム BOSS-WL60」のような安価で高性能なワイヤーレスも増えてきているので検討しても良いかもしれませんね。


チューナー(@1000円~30000円程度)

●超高精度な絶対音感をお持ちの方には不要なのかもしれませんが(笑)多くのパンピーには音程を合わせる調弦に専用チューナーが必要です。最も厳密にこだわって欲しいのがチューニングで、相対音感が鍛えられていない不慣れなうちは、弦交換後など場合によっては1曲弾く毎に確認して欲しい位です。クリップ型やジャックイン型など様々なタイプがありお好みで良いと思いますが、アプリ系は気軽さや精度も損なわれている気がするので個人的には使いません。最小サイズのFenderクリップチューナーは安い部類ですしヘッドにずっとつけっぱなしでも全く気にならないのでおすすめですよ。


弦(1SET@300円~2000円程度)

●エレキギターのスチール弦は意外と短命で交換頻度の高い消耗品ですので始めからある程度ストックしておいた方が良いでしょう。交換サイクルは人によって様々ですが、鳴りや弾く感触など自分が気持ち悪いと感じたら迷わず即交換です。弦にはゲージ(太さ)のバリエーションもありますがエレキなら「09~42」「10~46」のセットあたりがベーシックです。通常のニッケルタイプや錆劣化しにくく加工されたコーティングタイプなど種類もあり価格帯も幅広いのですが過去にエレキギター激安弦比較レビューもしていますのでご参考に。初心者のうちは力の加減が分からず特に1弦など細い弦を切ってしまう事もあると思いますが通販でも各弦バラ売り品もありますのでご活用を。


ピック(通常タイプ@100円前後)

●右手で弦を弾くために使う薄い三角のプラスチックぽいアレ。いきなり親指にはめるサムピックや指弾き(フィンガーピッキング奏法)からチャレンジしてももちろん良いのですが、まあまず基本スタイルからいかが。形状・素材とも様々ありますので色々どんどん試してみよう。ピックがずれる人におすすめの種類はこちらです。


スタンド(@1000円程度~)

●本体を立てかけたり吊るしたりして置いておくもの。安全に置ければどんなタイプでも良いですが、気が向いたらいつでも気軽に手に取れる環境を維持しておくことをおすすめします。


ストラップ(@500円程度~)

●座って弾く場合なくてもいいですが立って踊りながらノリノリで弾く場合は必須です。簡素で安価なものから本革素材や装飾に凝った高級品までバリエーション豊かに流通していますので好みでテンション上がる色柄素材を選べばよいと思います。ちなみにぼくはギターストラップが何本も欲しくなる病です笑。


運搬用ケース(@3000円~30000円程度)

●むき出しで担いで電車で運んでもまあ駄目じゃないのですが(笑)スタジオやライブハウス等に搬入する際ケースを使います。カジュアルなソフト鞄タイプから車や飛行機などでの運搬に適したハードケースタイプまで様々ありますが、普段ソフトケースに収納し保管するのはおすすめしません。基本的にソフトケースは手持ち運搬用、積載や収納保管するならハードケースとお考えいただきたいです。


エフェクター・シミュレータ類など

●本体とアンプの間に接続して様々な音色を作る各種機材。綺麗な音や格好良い音が出せたらそれだけでモチベ爆上げだし楽しいよね。極めて多岐に渡り多種多様あるのでなかなか言い尽くせませんが、最近は色々なエフェクト効果がまとめて同時に使えるマルチエフェクターでも新品1万円くらいからありますので、まずはこれでどんな種類があるか勉強しても良いかもしれませんね。ヘッドホンで練習する場合これらがあればアンプも不要です。そのうち、自分の好みや欲求が明確になってくると具体的に欲しい機材もどんどん増えるかもしれませんね。沼へようこそ笑。


調整用工具類やお掃除道具などのケア用品一式

●調整や管理の一切を専属リペアマンに一任するという金持ちボンボンじゃなければ(笑)メンテナンス用各種工具は随時必要になってくると思います。トラスロッドやイモネジ調整用レンチなど最低限は付属している場合が多いと思いますが、例えばP/U高さ調整に使うドライバーや弦交換するにしてもニッパーとかね。日常の掃除はクロスや雑巾で拭く程度でも大きな問題はありませんが、必要に応じて専用クリーナーなども揃え楽器を大事にしよう。


レッスン・トレーニング教材関連

●まったくのド素人から手探りで始めるにあたり、何かしらの教材は必要になってくると思います。TAB譜がついていようがいきなりプロアーティスト楽曲のスコアブックだけでその通りに弾ける事はまあ普通ないです。イマドキはブログ等ウェブサイトやユーチューブ等動画配信サイトでありとあらゆるレベルの情報が混沌と存在しそれらを簡単に得られますが、それ故に、逆に今の自分に最適で必要な情報や加不足の無い正確な情報の取捨選択と整理が難しい一面もあり、昔の苦労とは少し違う困難が生じている節もあります。「分からないコードを調べる」など明確に目的があれば良いですが、いきなり不相応にくそ難しいフレーズに直面しても楽しむどころか即心折れちゃいますし、急に高度で難解な音楽理論語られてもちんぷんかんぷんしちゃいますからね。

必要なトレーニングは極めて千差万別ですし、何をどう弾きたいかという理想によっても変わるでしょう。今の自分が「何を学べばよいか・何が足りていないか」は課題・問題が漠然としている始めのうちは自分では中々気付けず判断し難い部分でもありますので、やりたいテイストやスキルレベルに合った教材を購入してみたり、インストラクターから的確なアドバイスやレッスンを受けられるギター教室などに行ってみるのも有効な方法でしょう。


NAC#s Summary.

新たに楽器を始める時の期待や興奮は大人になった今でもよく覚えていますし、能動的に物事にチャレンジするとても良い経験でもあります。初めは思う通りに演奏できるはずもないですが、どんどん

こんな音が出したい
こんな風に弾きたい
こんな曲を奏でたい

と自分の理想や欲望が明確になってその自己目標を達成する成果にも大きな喜びが生まれるはずです。ギターに限らず、楽器演奏の上達は厳しい修行と言っても過言ではない難しいものですが、自分自身が酸いも甘いも楽しみ噛みしめることが最重要で、他者の感想・評価や他の誰かとの比較などはまた全く別視点の話。努力の先には、音楽仲間たちとのライブセッションなど未来の新たな楽しみがどんどん膨らみ広がります。まずは少しづつでもゆっくりでもたまにでもいいから自ら音を奏でる音楽そのものを気軽にジャンジャン楽しもう!(※ギターだけに&急にアニソンの帝王様が頭を過りました笑)


お時間許せば、
ギター初心者最大の難関コードFじゃなくB説」や、
初級ギタリストに超おすすめの基礎「6 strings tuning」もぜひご一読どうぞ。